甘さひかえめな毎日
AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)
<< はじめからきっと自由 : main : 君の生きる明日が好き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
そのドアに鍵はない
 趣向を変えて男子バレーの総評なんかを・・・。

昨日は仕事で観戦出来ていませんが、本日日韓戦ばっちり最初から最後まで観戦しました。

さて。

最弱の代名詞のようになっていた男子バレー。
植田前監督がようやく
本当にようやく更迭されてくれて、ついに待望の外国人監督!!
正直めちゃくちゃ期待していました。
ついに、ついに男子バレーの立て直しが・・・!
そう思っていたのに。

ゲーリー監督。
一言で言うなら、植田よりマシ。
そんな程度。
ただ落ち着いている方のようで、植田のように訳の分からない精神論やわけのわからないタイムを取ったりとかそのあたりの不安は皆無で安心しました。
ほんと、なんで植田のようなアホを何年も監督に据えていたのか。
五輪の実績にいつまでこだわるつもりなのか。
植田の悪口っぽくなりましたが/笑。

さて韓国戦、
レフトから。
まず代表復帰オメデト越川。
ただし、期待外れ。
当方越川にけっこう期待していましたが、3セット頭から米山OR石島へ交換するべきだったと思う。
石島をなぜライトで使うのかよくわからないですが・・・。
ほんと、越川⇒清水のあのローテなんとかしろ!!
二人して2セット目、二週ともサーブミス。
2セットのスコアが25-20.
うち4点がこの二人によるサーブミス。
ま福澤も入る方が希ですが、この二人続けてってのが悪い。
ノレるもんもノレなくなるだろ。
意外だったのが福澤。
この選手、プレーに波があるのが嫌いだったんですが、まぁぼちぼち頑張っていたと思う。
福澤と越川は似たタイプだから一緒に器用すんのはどうかと思うんですが・・・・。

次センター。
新センター、筑波ボーイには期待大。
3セット目代えられちゃったけど、そんな悪くなかったと思う。つーか若手選手がいない。
これが植田が残した負の遺産だよ・・・。
そして山村。
可もなく不可もなく。
つーかブロックがヘタすぎる。
まぁ監督も就任してまだ四か月。
ブロックについては何も出来ていない状況だと言っていたがまさにその通り。
韓国12番に何本やられてんだよ。
もう相手側速攻なんて飛んだってワンタッチすらできないんだからサイドにかけて12番一人でも潰しておけよ・・・。

次ライト。セッター。
ほんと日本にはロクなセッターがいない。
セッターには相変わらず期待していませんでしたが、当方阿部押しでしたがまた代表落ち・・。
近藤もねえ・・・・。
普通セッターってトスアップ以外でもレシーブだったりブロックだったりサーブだったりで目立つはずなのに、一切ナシ。

ベンチ側。
タイムのタイミングはいいと思う。
ただしサーブとブロックってちゃんと指示してたの?
指示通り選手が動けなかっただけ?
メンバーチェンジもさ、サーブの不安な清水や福澤、越川のターンって重要な勝負所が多い(1.2点差、あるいは1点差、同点)、そんな時に頼れるサブはいないのかえ。
1.2セット共に15点まではなんとか食らいついていけてた。
一度も先行できず、またリードできなかったのは、要所要所に奴らのサーブミスがあったから。
つーかいくら世界最速サーブとかいっても入らなきゃ意味ないから。
まず入らなきゃバレーなんないから。


- : comments(0) : trackbacks(0) : 恭介 :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyousuke-life.jugem.jp/trackback/34
トラックバック