甘さひかえめな毎日
AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD)
<< 時間では解決しない。 : main : 再熱。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
初夏に読みたい本。
評価:
島本 理生
角川グループパブリッシング
---
(2008-07-31)
コメント:島本作では一番好きかも。

 島本作の中では一番好きなハナシで何度も読み返しました。


ちなみにこの人の書く主人公の女の人はいつも同じような性格な気がする。

きっとご本人もこんなカンジの人なんだろうなと思った。


恋人からの激しいDVSEXで心が壊れた女の子のハナシ。

精神科の診療室で蛍という年上の男性に出逢って、恋をする・・・・。

物語が進むのと同時に、主人公の身に起きた事や傷が浮彫になっていって。
テンポよく読む事が出来ました。

好きなのに、触れたいのに、体がそれを拒む・・・・。

わたしが気になったのは主人公よりも蛍という男性。
彼の身に一体何が起きてどうして病院に通うようになったか、などはあまり語られていなくて。
そこが、彼が主人公に対しては大人のように振る舞っているけど、彼自身もギリギリを保っていたんじゃないのかなあってタイトルからの憶測。

ちなみにリアルに蛍っぽい男性の知り合いがいて、ちょっとドキドキしました/笑。

蛍の方が実は主人公より繊細でカッコつけたがりだったんじゃないのかしら。

珍しく島本作にしてはハッピーエンドの類だと思います。
感想とか : comments(0) : trackbacks(0) : 恭介 :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyousuke-life.jugem.jp/trackback/13
トラックバック